2019.5.17 10:11

ウッズ、「ゴー、タイガー!」大歓声もつまずく「終盤の悪いパットで後退」/全米プロ

ウッズ、「ゴー、タイガー!」大歓声もつまずく「終盤の悪いパットで後退」/全米プロ

特集:
全米プロ選手権
タイガー・ウッズ
第1ラウンド、ティーショットを放つタイガー・ウッズ=ベスページ・ステートパーク(共同)

第1ラウンド、ティーショットを放つタイガー・ウッズ=ベスページ・ステートパーク(共同)【拡大】

 男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権は16日、ニューヨーク州ファミングデールのベスページ・ステートパーク・ブラックコース(パー70)で第1ラウンドが行われ、4月のマスターズ・トーナメントに続くメジャー16勝目を目指すタイガー・ウッズ(米国)は2度のダブルボギーがあり72で51位。

 ウッズは2度のダブルボギーなど、出入りの激しい1日だった。同組のケプカに9打差をつけられたラウンドに「アンダーで回れたはずなのに、終盤の悪いパットで後退してしまった」と悔しさを隠せなかった。

 出だしの10番でショットが乱れ、17番(パー3)は2オン3パットで二つ目のダブルボギー。3オーバーで迎えた後半は1、2番で盛り返すと4番で9メートルのイーグルパットを決めて1アンダーに。「ゴー、タイガー!」の大歓声を浴びたが、その後3ボギーとまたつまずき、肩を落とした。

 前日は体調不良で練習を見合わせた43歳のベテラン。「もう良くなった」と話しながらも、早々にコースを後にした。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ