2019.5.17 20:01

大山亜由美さんしのび手作り喪章 ささきしょうこが発起人/国内女子

大山亜由美さんしのび手作り喪章 ささきしょうこが発起人/国内女子

 ほけんの窓口レディース第1日(17日、福岡県福岡CC=6292ヤード、パー72)ツアー未勝利で23歳の金沢志奈が7バーディー、1ボギーの66で回り首位。1打差の2位に勝みなみとイ・ミニョン(韓国)がつけた。

 16日にがんのため25歳で死去した大山亜由美さんをしのび、多くの選手が喪章を着けてプレーした。大山さんと同じ2015年のプロテストで合格した、ささきしょうこが発起人で「同期としてできることをしたかった」と、100を超える黒いリボンを作った。

 大山さんの闘病生活は復帰を見越して選手に伝えられていなかったと言い、ささきは「元気だと思っていた。信じられない」とショックを隠せない。同じ鹿児島県出身の後輩で、ジュニア時代から知る勝は「亜由美ちゃんの分まで精いっぱい生きようと思う」と神妙な面持ちで話した。

リーダーボードへツアー日程へ