2019.4.19 16:49

上原113位から39位に急浮上 予選通過/米女子

上原113位から39位に急浮上 予選通過/米女子

第2ラウンド、1番で第3打を放つ上原彩子=コオリナGC(共同)

第2ラウンド、1番で第3打を放つ上原彩子=コオリナGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのロッテ選手権は18日、ハワイ州カポレイのコオリナGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、7位で出た野村敏京は72と伸ばせず通算5アンダー、139で首位と10打差の24位に後退。67と伸ばした上原彩子は3アンダーの39位に上がった。

 上原が6バーディー、1ボギーで通算3アンダーに伸ばし、113位から急浮上して予選を通過した。パット数が第1ラウンドの35から26へと大幅に改善。8番の7メートルなど次々とカップに吸い込まれ「パットが入ってくれてスコアにつながった」と笑みを浮かべた。

 技術的に変えたことはないという。「前日は入らない日だった」と淡々と振り返った35歳のベテラン。決勝ラウンドに向けては「上だけ見て頑張って、笑顔で終われるようにしたい」と意欲的に話した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ