2019.4.18 16:45

勝みなみ、まずまずのスタートに「楽しくできた」/米女子

勝みなみ、まずまずのスタートに「楽しくできた」/米女子

第1ラウンド、1番でティーショットを放ち、笑顔を見せる勝みなみ=コオリナGC(共同)

第1ラウンド、1番でティーショットを放ち、笑顔を見せる勝みなみ=コオリナGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのロッテ選手権は17日、ハワイ州カポレイのコオリナGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、18歳の山口すず夏が6バーディー、1ボギー、野村敏京が5バーディー、ボギーなしで67をマークし首位と4打差の7位につけた。日本ツアーから参戦した勝みなみは70で38位。畑岡奈紗は72で81位、上原彩子と横峯さくらは74で113位と出遅れた。

 主催者推薦を受けて出場の勝が3バーディー、1ボギーとまずまずのスタートを切った。1番でバーディーを奪うと、4、5番も連続バーディー。その後は伸ばせなかったが「第2打のショットが良かった。楽しくできた」と笑顔で振り返った。

 パット数32と、グリーンに乗せてからもたついた。「開幕からショットはすごくいい。あとはパット次第というのが、ここ何試合か続いている。ホテルに帰って特訓」と話し、会場を後にした。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ