2019.4.18 10:57

18歳山口が好スコアで発進 満足そうに「上出来」/米女子

18歳山口が好スコアで発進 満足そうに「上出来」/米女子

第1ラウンド、12番でバーディーパットを決め、笑顔を見せる山口すず夏=コオリナGC(共同)

第1ラウンド、12番でバーディーパットを決め、笑顔を見せる山口すず夏=コオリナGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのロッテ選手権は17日、ハワイ州カポレイのコオリナGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、18歳の山口すず夏が6バーディー、1ボギーの67で回った。世界ランキング5位の20歳、畑岡奈紗は72。上原彩子と横峯さくらはともに74と出遅れた。チ・ウンヒ(韓国)が64をマークした。

 18歳の山口が67の好スコアで滑り出した。序盤からアイアンショットが安定し、前半で2アンダー。後半はボギーなしの33と伸ばし「上出来。耐えながらバーディーをたくさん取れて良かった」と満足そうに振り返った。

 プロとして初めてのシーズンで、米ツアー出場は2月以来の4戦目。出られる大会が限られる立場で「ここはすごく大事」と気持ちが入る。自身の今季初戦は第1日の10位から崩れただけに「2日目もアンダーを出せるように」と意欲的だった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、12番でティーショットを放つ山口すず夏=コオリナGC(共同)