2019.4.15 14:31

ケプカ「あのラインは本当に難しい」 混戦もウッズには届かず/マスターズ

ケプカ「あのラインは本当に難しい」 混戦もウッズには届かず/マスターズ

特集:
マスターズ
タイガー・ウッズ
マスターズで14年ぶり5度目の優勝を果たしたタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(ロイター)

マスターズで14年ぶり5度目の優勝を果たしたタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(ロイター)【拡大】

 男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、2位で出たタイガー・ウッズ(米国)が6バーディー、4ボギーの70で回り通算13アンダー、275で2005年以来5度目の大会制覇を果たした。

 優勝争いはウッズを含め、2打差以内に8人がひしめく大混戦だった。ただ最終組のウッズは2打リードで最終18番を迎え、ボギーでも優勝できる余裕があった。「まだ終わっていないと自分に言い聞かせた」と気を引き締め、ボギーで着実に逃げ切った。

 首位から出たF・モリナリは、12番と15番で池に入れ、いずれもダブルボギーとして5位に終わった。世界ランク1位に復帰したD・ジョンソンや昨季メジャー2勝のケプカはともに18番のバーディーチャンスを逃し、1打差の2位。ウッズに大きなプレッシャーをかけられず、ケプカは「あのラインは本当に難しい」とバーディーパットを嘆いた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、逆転で優勝を決め、キャディーと抱き合って喜ぶタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • グリーンジャケットを着て、歓声に応えるタイガー・ウッズ=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 米男子ゴルフのマスターズ・トーナメントの最終ラウンド、逆転で優勝を果たし、喜びを爆発させるタイガー・ウッズ。11年ぶりのメジャー制覇で完全復活を果たした=14日、オーガスタ・ナショナルGC(共同)