2019.4.15 05:03(1/2ページ)

ウッズ、12H終え一時首位に並んだ!7、8番連続バーディー/マスターズ

ウッズ、12H終え一時首位に並んだ!7、8番連続バーディー/マスターズ

特集:
マスターズ
タイガー・ウッズ
最終ラウンドに臨んだウッズ。最後まで激しい優勝争いが続いた (ロイター)

最終ラウンドに臨んだウッズ。最後まで激しい優勝争いが続いた (ロイター)【拡大】

 マスターズ最終日(14日、オーガスタナショナルGC=7475ヤード、パー72)最終ラウンド(R)が荒天の予報から、3人一組で約半数が10番から回る異例の措置でスタートした。タイガー・ウッズ(43)=米国=は前日13日の第3Rで首位に2打差の2位とし、最終Rは12ホールを終えて3バーディー、3ボギー。第3Rを終えて単独首位だったフランチェスコ・モリナリ(36)=イタリア=らと一時首位に並んだ。

 “タイガー・チャージ”なるか-。午後の悪天候が予想された最終R、厚い雲に覆われる中で大会5勝目を狙うウッズがアウトの1番(パー4)から最終組で発進した。3番(パー4)で残り124ヤードからの2打目をスピンを効かせてピン右2・5メートル。固唾をのんで見守ったパトロンは、ウッズのこの日初バーディーに大歓声をあげた。

 12ホールを終えて3バーディー、3ボギー。2打差の単独首位から出た同組のモリナリはスコアを落とし、首位に並ぶ大接戦の展開となった。

【続きを読む】