2019.4.15 05:02

金谷、通算5オーバー…ローアマ絶望/マスターズ

金谷、通算5オーバー…ローアマ絶望/マスターズ

特集:
マスターズ
最終ラウンドに臨んだ金谷。前半はボギー先行の苦しい展開に(共同)

最終ラウンドに臨んだ金谷。前半はボギー先行の苦しい展開に(共同)【拡大】

 マスターズ最終日(14日、オーガスタナショナルGC=7475ヤード、パー72)アマチュアの金谷拓実(20)=東北福祉大3年=は前日の第3Rで68と伸ばし、57位から39位に浮上。目標のローアマ獲得に向けて最終Rに臨んだが、2バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの78と大きく崩れ、通算5オーバーでホールアウトした。

 午前7時40分過ぎ、インの10番(パー4)からスタート。4メートルのパーパットが決まらずボギー発進すると、その後もずるずるとボギーを重ねた。ローアマ争いでビクトル・ホブラン(21)=ノルウェー=らに差を広げられた。

 第3Rまでのフェアウエーキープ率は88・10%で、並み居るプロを抑えて全体1位だった。2011、12年の松山英樹以来となる日本アマチュア2人目の予選通過を果たした12日の夜には東北福祉大の先輩、松山から電話で「予選通過よかったな。明日から頑張れ」と激励された。

 「もっと上を目指して自分のプレーがしたい」。27位だった11年の松山に続く日本勢2人目のローアマは事実上ならなかったが、果敢に攻めるゴルフを最後まで貫いた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終R、10番でティーショットを放つ金谷拓実=オーガスタ・ナショナルGC(共同)