2019.4.15 05:03(1/2ページ)

“セクシー系”熊谷かほ、4位!日本勢開幕連勝は「5」でストップ/国内女子

“セクシー系”熊谷かほ、4位!日本勢開幕連勝は「5」でストップ/国内女子

4位に入った熊谷。またまた日本勢に“新星”登場だ (撮影・甘利慈)

4位に入った熊谷。またまた日本勢に“新星”登場だ (撮影・甘利慈)【拡大】

 スタジオアリス女子オープン最終日(14日、兵庫・花屋敷GCよかわC=6316ヤード、パー72)首位に1打差の2位から出た申ジエ(30)=韓国=が69で回り、通算9アンダーで今季初優勝。通算22勝目を飾り、日本勢の開幕戦からの連勝を「5」で止めた。ツアー12試合目で初めて決勝ラウンド(R)に進んだ熊谷かほ(23)=ウッドストックCC=が70で回り、通算6アンダーで4位。首位から出たエイミー・コガ(23)=加賀電子=は10位に終わった。

 大勢のギャラリーが見つめる最終18番(パー4)も3メートルのパーパットをきっちり沈めた。2016年のプロテストに合格して4年目の熊谷は、初体験の決勝Rにも浮き足立つことはなかった。

 「少しでも上に行こうとやっていた。もったいないボギーが悔しい」

 初日23位から4位フィニッシュ。この日も5バーディー、3ボギーとスコアを伸ばした。165センチ、54キロのグラマラスなボディーで“セクシー系”として人気上昇中だが、「それはアン・シネさんに。知名度はまだまだ」。花冷えの今大会は3日間ともパンツルック。「夏になったら…」と、“露出度”も増えていきそうだ。

【続きを読む】

  • 4H、ティーショットを放つ熊谷かほ=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2H、ティーショットを放ち、打球の行方を見る熊谷かほ=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 1H、アプローチショットを放つ熊谷かほ=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2H、ティーショットを放つ古江彩佳=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2H、ティーショットを放ち、打球の行方を見る古江彩佳=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2H、ティーショットを放つ鈴木愛=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 1H、バーディーパットを沈めた鈴木愛=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 18H、アプローチショットを放つ菊地絵理香=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • ホールアウトした菊地絵理香=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 4H、ティーショットを放つ吉本ひかる=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 3H、バーディーパットを沈めた武尾咲希=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2H、ティーショットを放つ永井花奈=兵庫・花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)