2019.4.14 12:11

米CBS「タイガーが最終組に入った」14年ぶり優勝かけ首位と2打差の2位/マスターズ

米CBS「タイガーが最終組に入った」14年ぶり優勝かけ首位と2打差の2位/マスターズ

特集:
マスターズ
タイガー・ウッズ
第3ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ。通算11アンダーで2位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

第3ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ。通算11アンダーで2位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)【拡大】

 男子ゴルフの今季メジャー初戦「マスターズ」は13日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルGC(7475ヤード、パー72)で第3ラウンドが行われ、6位から出たタイガー・ウッズ(43)=米国=は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算6アンダーで首位に2打差の2位に浮上した。フランチェスコ・モリナリ(36)=イタリア=が通算13アンダーで単独首位に立った。

 米CBSスポーツ(電子版)はこの日、「ウッズは、マスターズでショーを披露した。大会3日目で67をマークし、8年前の2011年以来となるオーガスタでのベストスコアたたき出した」とし、「3日目を終えて通算11アンダーは、最終日に13アンダーで首位のモリナリと(ウッズと同じ)11アンダーのフィナウと同じ最終組に入るのには十分な数字だった」と伝え、14年ぶりのマスターズ優勝に期待を寄せた。

 ウッズはこの日、5番(パー4)でボギーが先行したが、6メートルのパットを決めた6番(パー3)から3連続バーディー。7番(パー4)は残り147ヤードからの2打目を30センチにピタリとつけ、8番(パー5)は2オンして3メートルのイーグルパットを外したが、スコアを伸ばした。2005年以来5度目の大会制覇とメジャー15勝目へ、流れは来ている。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第3ラウンド、17番でティーショットを放つタイガー・ウッズ。通算11アンダーで2位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、18番でパーをセーブしホールアウトするタイガー・ウッズ。通算11アンダーで2位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)