2019.4.14 08:51

松山英樹は25位「18番のダブルボギーがなかったら…」 金谷拓実は39位/マスターズ

松山英樹は25位「18番のダブルボギーがなかったら…」 金谷拓実は39位/マスターズ

特集:
マスターズ
松山英樹
  • 第3ラウンド、8番で打球の行方を見る松山英樹。通算3アンダー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、18番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算3アンダー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、15番でグリーンを見つめる松山英樹。通算3アンダー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、11番でラインを読む松山英樹。通算3アンダー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3R、1番でティーショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、ホールアウトし、同組の選手と握手をする松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3R、1番でティーショットを放つ小平智=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、14番でティーショットを放つ小平智。通算2オーバーで50位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3R、1番でティーショットを放つ金谷拓実=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3R、1番でスタート前にストレッチする金谷拓実=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
  • 第3ラウンド、笑顔で18番グリーンに上がる金谷拓実。通算1アンダーで39位=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

 男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは13日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、46位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの68と伸ばし通算3アンダー、213で25位に上がった。首位とは10打差。

 アマチュアの20歳、金谷拓実(東北福祉大)も6バーディー、2ボギーの68で回り通算1アンダーの39位に浮上。小平智は73で、2オーバーの50位に後退した。

 首位タイから66と伸ばしたフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が通算13アンダーで単独首位。67だったタイガー・ウッズ、64を出したトニー・フィナウ(ともに米国)が2打差の2位につけた。ブルックス・ケプカ(米国)がさらに1打差の4位。(共同)

松山英樹「18番のダブルボギーがなかったら良かった。もったいなかった。今日は良かったので(17番では)これで終われればと思っていた」

金谷拓実「なんとか予選を通れたのでどんどんバーディーを取って、66を出すつもりでプレーした。もっと上を目指したい」

小平智「ショットは悪くない。(課題は)パットだけ。バーディーチャンスが3日間で一番、多かったと思う。それはすごく自信になった」

F・モリナリ(ウッズとの争いに)「イタリア人の僕でもウッズは憧れの選手だった。彼がまたいいプレーをしているのはすごくうれしい。きっとすごい歓声になるだろうけど、自分の一打に集中するだけ」

トニー・フィナウ(メジャー初勝利を狙う)「1997年にウッズが勝ったマスターズが、初めてテレビで見たゴルフトーナメントだった。ウッズとメジャーの最終組で戦うのが夢だった」

ブルックス・ケプカ(3打差4位に後退)「勝つチャンスはあると感じている。ウッズのプレーはあまり見ていないが、いいプレーをしているのだろう」

リーダーボードへツアー日程へ