2019.4.13 05:02

女子大生プロ・中野、デビュー戦5位発進「予選は通りたい」/国内女子

女子大生プロ・中野、デビュー戦5位発進「予選は通りたい」/国内女子

5位発進の中野。ツアーデビュー戦で上位進出を狙う (撮影・甘利慈)

5位発進の中野。ツアーデビュー戦で上位進出を狙う (撮影・甘利慈)【拡大】

 スタジオアリス女子オープン第1日(12日、兵庫・花屋敷GCよかわC=6316ヤード、パー72)龍谷大(京都)に通う女子大生プロでツアーデビュー戦の中野恵里花(19)=フリー=が2アンダー70で回り、5位発進した。同じくツアー初出場の広田真優(19)=フリー=も5位。4アンダー68で回ったプロ9年目の福山恵梨(26)=フリー=が申ジエ(30)=韓国=と並んで首位に立った。

 1月にプロ転向した中野がデビュー戦を快調に滑り出した。18番(パー4)で10メートルをねじ込むなど4バーディー(2ボギー)。「緊張したけど、楽しかった。お客さんがいる方が力が出ます」と頼もしかった。

 京都・宇治市出身で龍谷大平安高から昨年龍谷大文学部に進学。プロテストは失敗したが、最終QTで64位に入りプロの世界に飛び込んだ。「大学で心理学を学びたいと思った。ゴルフはメンタルゲームなので」。今年はゴルフに集中するため大学は休学。日体大に通う河本結(20)の2週前のツアー初優勝に、「両立しているのはすごい」と刺激を受けた。

 主催者推薦選考会に失敗し、現地ウエーティングの繰り上げ出場でつかんだデビュー戦。「とりあえず予選は通りたい」と、まずは人生初の賞金をゲットする。 (臼杵孝志)

ツアー32試合目で初めて首位に立った福山恵梨「前半はバタバタしたけど、後半は落ち着いて回れた。初日なので順位は関係ない」

2年前に申ジエ主宰の日韓ジュニア大会で優勝している広田真優「下部ツアーと違って声援がすごく大きく、励みになった。ジエさんと同じ組で回るのが夢」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 2Hティーショットを放つ中野恵里花=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2Hティーショットを放つ山内日菜子=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2Hティーショットを放つ広田真優=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 9Hバーディーパットを沈めた福山恵梨=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 首位に立った福山恵梨=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 18Hホールアウトした申ジエ=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2Hティーショットを放つ菊地絵理香=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 18H菊地絵理香の第2打=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 18Hグリーンでラインを読む菊地絵理香=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 1Hパーパットを沈めた鈴木愛=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2Hティーショットを放つ永井花奈=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)
  • 2Hティーショットを放ち、打球の行方を見る吉野茜=花屋敷GCよかわC(撮影・甘利慈)