2019.4.5 11:18

畑岡、野村が5打差42位 横峯と比嘉は80位/米女子

畑岡、野村が5打差42位 横峯と比嘉は80位/米女子

特集:
横峯さくら
第1ラウンド、10番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ミッションヒルズCC(共同)

第1ラウンド、10番でティーショットを放つ畑岡奈紗=ミッションヒルズCC(共同)【拡大】

 女子ゴルフのメジャー第1戦、ANAインスピレーションは4日、米カリフォルニア州ランチョミラージュのミッションヒルズCC(パー72)で第1ラウンドが行われ、前週に米ツアーで優勝した20歳の畑岡奈紗は3バーディー、4ボギーの73で、野村敏京とともに首位と5打差の42位でスタートした。

 昨年大会8位の上原彩子は75で68位。横峯さくらと比嘉真美子は76で80位と出遅れた。

 68で回ったアリー・マクドナルド(米国)が首位。1打差の2位にレキシー・トンプソン(米国)、高真栄、キム・ヒョージュ(ともに韓国)ら4人が並んだ。(共同)

畑岡奈紗の話「風の中でいいパーセーブもたくさんあった。ショットは悪くないのでチャンスにたくさんつけて、それを生かしていけるようにしたい」

野村敏京の話「いい流れでスタートしたけど、風が出てきてショットが曲がって、ラフに入るなど難しい状態でプレーした。あまり楽しくなかった」

上原彩子の話「11、12番はいいバーディーパットが入ってくれたけど、その後、いいプレーができなかった。3オーバーで終わって残念」

横峯さくらの話「バーディーがなくて苦しいゴルフになった。耐えるゴルフがすごく大事になってくる。丁寧にプレーしたい」

比嘉真美子の話「ちょっと緊張した。力みがあった。学ぶ部分をたくさん見つけて、あした以降の自分につなげていければいい」

レキシー・トンプソンの話「後半は厳しいパットを入れてたくさんパーセーブができた。とても自信になったし、満足している」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、16番でショットを放つ畑岡奈紗=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、11番でバーディーを奪い、ギャラリーの声援に応える畑岡奈紗=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でアプローチショットを放つ野村敏京=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、6番でアプローチショットを放つ横峯さくら=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ比嘉真美子=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でアプローチショットを放つ比嘉真美子=ミッションヒルズCC(共同)
  • 第1ラウンド、9番でティーショットを放つ上原彩子=ミッションヒルズCC(共同)