2019.3.24 15:36

上田桃子が逆転で今季初優勝、通算14勝目/国内女子

上田桃子が逆転で今季初優勝、通算14勝目/国内女子

特集:
上田桃子
優勝した上田桃子=茨木国際GC(撮影・中島信生)

優勝した上田桃子=茨木国際GC(撮影・中島信生)【拡大】

 女子ゴルフの「Tポイント×ENEOSトーナメント」は24日、大阪・茨木国際GC(6219ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、首位に1打差の2位から出た上田桃子(32)=かんぽ生命=が5バーディー、3ボギーの69で回り、通算6アンダーで今季初優勝を飾った。

 2017年10月「マスターズGCレディース」以来の通算14勝目。首位から出た申ジエ(30)=韓国=は15番(パー4)でダブルボギーを打つなど72と乱れ、この日のベストスコアとなる67で回った勝みなみ(20)=明治安田生命=とともに通算4アンダーの2位タイに終わった。

 大会連覇と2週連続優勝が懸かっていた鈴木愛(24)=セールスフォース=は通算2アンダーの9位。兵庫・滝川二高を卒業した注目アマチュアの安田祐香(18)は通算6オーバーの47位で、ベストアマチュアを獲得した。

リーダーボードへツアー日程へ