2019.3.23 19:20

小祝、好パットで2位浮上「簡単なラインではなかった」/国内女子

小祝、好パットで2位浮上「簡単なラインではなかった」/国内女子

2位タイで終了した小祝さくら=茨木国際GC(撮影・中島信生)

2位タイで終了した小祝さくら=茨木国際GC(撮影・中島信生)【拡大】

 Tポイント×ENEOSトーナメント第2日(23日、大阪・茨木国際GC=6219ヤード、パー71) 今季初勝利を狙う申ジエ(韓国)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算5アンダーの137で単独首位を守った。

 1打差の2位に20歳の小祝さくらと、上田桃子、S・ランクン(タイ)が続いた。

 ツアー初勝利を目指す小祝は16、17番でともに10メートルのバーディーパットを沈めたのが大きかった。初日の5位から2位に浮上し「どちらも簡単なラインではなかった。すごく良かった」と喜んだ。

 昨季は13試合で1桁順位に入り、賞金ランキング8位と躍進。しかし2位が4度と勝つ難しさも痛感した。最終日は申ジエ、S・ランクンとともに最終組で回る。「少しでも(ショットが)ぶれたらボギーにつながる。しっかりと集中してプレーしたい」と念願の初優勝へ意気込みを示した。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 2位タイで終了した小祝さくら=茨木国際GC(撮影・中島信生)