2019.3.17 05:01

松山、ギリギリ予選通過「パットは悪くなかった」/米男子

松山、ギリギリ予選通過「パットは悪くなかった」/米男子

特集:
松山英樹
第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=TPCソーグラス(共同)

第2ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=TPCソーグラス(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・プレーヤーズ選手権第2日(15日、米フロリダ州ポンテベドラビーチ、TPCソーグラス=7189ヤード、パー72)松山は15ホールを終えてバーディーなし、1ダブルボギーと苦戦。それでも16番(パー5)でバーディーを奪うと、17番(パー3)では難しい風を読み切ってピン左2・5メートルにつけて連続バーディーとした。カットラインぎりぎりで決勝へ駒を進め、「ショットが全然うまくいかず、チャンスも少なかった」としながらも「パットは悪くなかった」と手応えを口にした。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、17番でギャラリーの声援に応える松山英樹=TPCソーグラス(共同)