2019.3.16 10:34

タイガー・ウッズ、17番で「7」 ギャラリーから大きなどよめき/米男子

タイガー・ウッズ、17番で「7」 ギャラリーから大きなどよめき/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
第2ラウンド、3番でパットを放つタイガー・ウッズ=TPCソーグラス(共同)

第2ラウンド、3番でパットを放つタイガー・ウッズ=TPCソーグラス(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーヤーズ選手権は15日、フロリダ州ポンテベドラビーチのTPCソーグラス(パー72)で第2ラウンドが行われ、トミー・フリートウッドとロリー・マキロイ(ともに英国)が通算12アンダーでトップ。3打差の3位にジム・フューリク(米国)ら4人が並んだ。タイガー・ウッズ(米国)は3アンダーで39位。

 浮島グリーンで知られるパー3の17番でウッズのショットが2度、奥の水面へ転がり落ちた。10番スタートで順調に3バーディーを重ねていたスターが痛恨の「7」をたたき、ギャラリーが大きくどよめいた。

 それでも「風が難しかった。いいショットだった」と自信は揺らがなかった。後半は7番でショットをピンの脇につけるなど2バーディーを奪い、71にまとめて後退は最小限にとどめた。「週末は天候が荒れる予報。予選通過した選手は全員、優勝のチャンスがある」と強気の姿勢を崩さなかった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ