2019.3.16 19:31

黄金世代の新星・渋野が首位と3打差の5位「チャンスなので狙っていく」/国内女子

黄金世代の新星・渋野が首位と3打差の5位「チャンスなので狙っていく」/国内女子

特集:
渋野日向子
3H、ティーショットを放つ渋野日向子=土佐CC(撮影・甘利慈)

3H、ティーショットを放つ渋野日向子=土佐CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 女子ゴルフの「ヨコハマタイヤPRGRレディス」は16日に高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で2日目が行われ、17位からスタートした渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が、69で回り、通算4アンダーの5位に浮上した。

 後半開始直後の10番(パー5)でダブルボギーをたたくも、続く11番(パー4)。残り76ヤードから58度で放った2打目がそのままカップに入りイーグル。「引きずらずに、取り返せたのは去年に比べて成長したところ」と胸を張った。

 女子ゴルフ界をにぎわす黄金世代の一人。この日は小祝さくら(20)=ニトリ=と同組で回り、「まだ遠い存在。一緒にしゃべられることがうれしい」。それでも最終日を前に世代トップ、首位と3打差の好位置につけた。昨年プロテストに合格したばかりのルーキーは「せっかくのチャンスなので狙っていきたい」と、初優勝へ意気込んだ。

リーダーボードへツアー日程へ