2019.3.16 17:40

大城、ペが首位に並ぶ 2差3位に鈴木愛/国内女子

大城、ペが首位に並ぶ 2差3位に鈴木愛/国内女子

3H、ティーショットを放つ大城さつき=土佐CC(撮影・甘利慈)

3H、ティーショットを放つ大城さつき=土佐CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 ヨコハマタイヤPRGRレディス第2日(16日、高知・土佐CC=6228ヤード、パー72)ともにツアー未勝利で初日2位の大城さつきとペ・ソンウ(韓国)が69で回り、通算7アンダー、137で首位に並んだ。2打差の3位は鈴木愛とイ・ミニョン(韓国)。

 29位から出た41歳の大山志保が68をマークし、葭葉ルミ、上田桃子、渋野日向子とともに通算4アンダーで5位につけた。新垣比菜は9位、勝みなみは18位、前週優勝の比嘉真美子は37位。通算2オーバーまでの57人が決勝ラウンドに進んだ。(出場108選手=アマ3、晴れ、気温14・2度、北の風6・6メートル、観衆4885人)

ペ・ソンウ(首位タイ)「風に振り回されたが、前日に続きナイスプレーだった」

鈴木愛(5位から3位に)「我慢強くできた。首位と2打差はチャンス。頑張りたい」

新垣比菜(パー3の14番でホールインワン)「すごくうれしかった。先週(2位)は最終日に良かったので、今週も最後に伸ばしたい」

勝みなみ(74と崩れ18位)「風の読みが難しく、チャンスが少なかった。パットも入らず、3パットのボギーが二つもあった」

ツアー日程へ

  • 9H、第2打を放つ上田桃子=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ渋野日向子=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ小祝さくら=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 14Hでホールインワンを達成した新垣比菜、香妻琴乃=高知県香南市の土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 14Hでホールインワンを達成した新垣比菜、香妻琴乃=高知県香南市の土佐CC(撮影・甘利慈)