2019.3.16 05:01

勝、「ピン挿したままパット」で4連続バーディー!/国内女子

勝、「ピン挿したままパット」で4連続バーディー!/国内女子

第1日、10番でパットを放つ勝みなみ。3アンダーで5位=土佐CC

第1日、10番でパットを放つ勝みなみ。3アンダーで5位=土佐CC【拡大】

 ヨコハマタイヤPRGRレディス第1日(15日、高知・土佐CC=6228ヤード、パー72)黄金世代の勝は新ルールを巧みに利用し、首位と2打差の好位置につけた。「ずっとパターが入っていなかったので気分転換。試してよかった」と、ホールアウト後は満面に笑みを浮かべた。

 1番からパーが続き、ボギーをたたいた直後の5番(パー3)で、パットを打つ際にカップに立てたピンを抜く必要がないという、今年から施行されたルールを活用。狙い通りに4メートルを沈めて最初のバーディーを奪い、6、7番でもピンを抜かずに打って3~4メートルを決めるなど、4ホール連続でスコアを伸ばした。

 ジュニア時代に「スピードアップのため」とピンを抜かずに練習ラウンドをしたことも多く、新規則をすんなり受け入れてプレーの幅を広げる素地はあった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 18H、第2打を放つ勝みなみ=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、バーディパットを沈める勝みなみ=土佐CC(撮影・甘利慈)