2019.3.15 17:46

葭葉が単独首位、1差2位に桃子ら/国内女子

葭葉が単独首位、1差2位に桃子ら/国内女子

特集:
上田桃子
3H、ティーショットを放つ葭葉ルミ=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)

3H、ティーショットを放つ葭葉ルミ=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)【拡大】

 ヨコハマタイヤPRGRレディス第1日(15日、高知・土佐CC=6228ヤード、パー72)26歳でツアー1勝の葭葉ルミが6バーディー、1ボギーの67で回り、単独首位に立った。1打差の2位に上田桃子、大城さつき、ペ・ソンウ(韓国)が並んだ。

 69の5位は勝みなみ、鈴木愛、香妻琴乃、テレサ・ルー(台湾)ら6人。昨季賞金女王のアン・ソンジュ(韓国)、前週の開幕戦優勝の比嘉真美子は71で、横峯さくら、小祝さくららとともに17位につけた。(賞金総額8000万円、優勝1440万円、出場108選手=うちアマ3、晴れ、気温13・6度、南東の風1・8メートル、観衆2681人)

大城さつき(1打差の2位)「パットがいい。今日は入院中の父の79歳の誕生日。いい報告ができる」

上田桃子(ボギーなしの4バーディー)「一日ショットが良かった。オフにいい練習ができたと感じられている」

香妻琴乃(6バーディー、3ボギー)「ボギーが多かった。それでもフェアウエーキープができない中で、よくカバーができている」

比嘉真美子(17位)「調子自体は悪くないのに、かみ合わなかった。パットが入ればリズムをつくれて波に乗れそう」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 3H、ティーショットを放つ葭葉ルミ=高知・土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ上田桃子=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ大城さつき=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ香妻琴乃=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、第2打を放つ勝みなみ=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、バーディパットを沈める勝みなみ=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、バーディパットを外し、厳しい表情を見せる鈴木愛=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ横峯さくら=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、ティーショットを放つ河本結=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 3H、笑顔をみせる河本結=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、アプローチショットを放つアン・ソンジュ=土佐CC(撮影・甘利慈)
  • 18H、ホールアウトし、同組のアン・ソンジュと抱き合う鈴木愛=土佐CC(撮影・甘利慈)