2019.3.13 05:00(1/2ページ)

【体幹で感じるゴルフ】グリーンオンには右肩下げるん打

【体幹で感じるゴルフ】

グリーンオンには右肩下げるん打

(1)アドレスからクラブヘッドを右足外側までテークバックして止める

(1)アドレスからクラブヘッドを右足外側までテークバックして止める【拡大】

 体幹トレーニングを取り入れたゴルフレッスンスタジオ「TAIKANZ GOLF(タイカンズゴルフ)」で指導するPGAティーチングプロA級、南田陽平コーチ(32)による「体幹で感じるゴルフ」の第5回は、ショートアイアンで距離感と方向性を重視したショットを学びます。簡単にできるドリルも紹介します。 (取材構成・稲垣博昭、写真・菊本和人)

 ピンまで残り100ヤード。PWなら十分にピンに届くと思ってクラブを握っても、実際にはグリーン手前だった…。こんな経験は誰しもあると思います。

 多くの場合、スイングのフィニッシュの形に問題があります。フルショットでフィニッシュをしっかりとろうと腕が高い位置にあるゴルファーは注意してください。

 ロフト角があるショートアイアン(8番アイアンからSWまで)はクラブの長さも短く、どうしてもボールを上げようとして“しゃくり上げ”てしまいがちです。インパクト時のロフト角は大きく、スピン量が増えて球は高く上がりますが、距離感が合いません。フィニッシュ時には腕の位置が高くなっているはずです。

 球をコントロールするには、低い球筋が有効。低いボールを打つには、まずフィニッシュの形からです。目安は、右利きなら左腕が肩と同じ高さになるようなイメージ。次に、右肩に注意してください。インパクトゾーンでクラブヘッドを低い位置からボールをとらえなければなりません。ダウンスイングで右肩が常に左肩よりも低くなれば、クラブヘッドも低い位置から入りやすくなります。右肩が高いとダウンスイングでヘッドが返ってしまい、引っかけの原因になります。

 低い位置でのインパクトゾーンの感覚をつかむためのドリルを紹介します。アドレスからクラブヘッドを右足外側(写真〔1〕)までテークバックして止めます。そこから右肩を下げてインパクト(写真〔2〕)。フォローもクラブヘッドの位置を低く、真っすぐに出します(写真〔3〕)。クラブヘッドは地面につけたままで、ソールを滑らせながら打ちます。

【続きを読む】

  • (2)右肩を下げてインパクト
  • (3)フォローもクラブヘッドの位置を低く、真っすぐに出す
  • フィニッシュは肩の位置で止めるイメージを作る
  • 肩を上下させて両わきの筋肉を伸び、縮みさせる運動
  • 肩を上下させて両わきの筋肉を伸び、縮みさせる運動