2019.3.12 05:01

松山、33位…パット「入らない」/米男子

松山、33位…パット「入らない」/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、通算2アンダーで33位だった松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)

最終ラウンド、通算2アンダーで33位だった松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)【拡大】

 米男子ゴルフ・アーノルド・パーマー招待最終日(10日、米フロリダ州オーランド、ベイヒルクラブ&ロッジ=7454ヤード、パー72)首位に6打差の23位から出た松山英樹(27)=LEXUS=は2バーディー、3ボギーの73と落として通算2アンダーの33位に終わった。64と伸ばしたフランチェスコ・モリナリ(36)=イタリア=が5打差を逆転し、通算12アンダーで昨年7月のメジャー第3戦「全英オープン」以来のツアー3勝目を挙げた。

 松山はパットに苦んで順位を下げ、「思うようなプレーができなかった。(パットが)あまりにも入らないので、打ち方もおかしくなった」と首をかしげた。1番(パー4)こそ3・5メートルを沈めてバーディー。その後はチャンスを逃し、14番(パー3)では「お先」で打った60センチのパーパットを外した。次戦の“第5のメジャー”と呼ばれる「プレーヤーズ選手権」(14~17日、米フロリダ州)までに、立て直しを図る。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、通算2アンダーで33位だった松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 最終ラウンド、ホールアウトする松山英樹。通算2アンダーで33位=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 最終ラウンド、通算2アンダーで33位に終わった松山英樹=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 最終ラウンド、1番でギャラリーの声援に応える松山英樹。通算2アンダーで33位=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 最終ラウンド、3番でティーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで33位=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 最終ラウンド、18番でバーディーを決め、声援に応えるフランチェスコ・モリナリ=ベイヒル・クラブ(共同)
  • 通算12アンダーで優勝したフランチェスコ・モリナリ=ベイヒル・クラブ(共同)