2019.3.8 05:00(1/2ページ)

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】八木裕さん、チャンピオンコース攻略オモロイ

【コースNAVI~元虎戦士がぶっ飛ばす!~】

八木裕さん、チャンピオンコース攻略オモロイ

特集:
コースNAVI
雄大で思いきりクラブが振れる南コースの3番

雄大で思いきりクラブが振れる南コースの3番【拡大】

 こりゃ、本物や!! 兵庫・三木市の「三木ゴルフ倶楽部」は2001年に関西オープンが開催された本格的なチャンピオンコース。全体的に距離が長く、上級者も苦しむ。雄大で手ごわい相手に阪神タイガースOBの八木裕氏(サンケイスポーツ専属評論家)が立ち向かった。

 山陽自動車道・三木東ICを降りてわずか3分。数々のゴルファーを苦しめるチャンピオンコースがある。南・東・西の3コース、計27ホールを展開する三木GCだ。八木氏が“強敵”に勝負を挑んだ。

 今回は午前に西コース、午後に南コースをプレー。西を2連続パーでスタートした八木氏だったが、最難関の4番(パー5)で三木GCの手ごわさを知ることになる。レギュラーティーから586ヤードと距離がたっぷりあるのに加え、ティーショットが谷越え、2打目以降も左右がOBという“恐怖”のホールだ。

 1打目のドライバーショットをうまく打った八木氏は、セカンド地点で思わず腕組みした。「絞ってあって、思い切って振れないですね…」。左ドッグレッグで2打目から急にコースの幅が狭くなる。飛ばそうとすれば右に突き抜ける不安があり、引っかけたら即OB。悩んだ末、6Iでレイアップしたが、3打目で距離が残ってしまった。

 結局、4オン2パットでボギー。「打ち上げているので、586ヤードという数字以上の距離を感じました」。西コースは全体的に4番のように砲台グリーンが多く、クラブ選択に注意が必要。さらにグリーン奥が下っているホールもあり、距離感をしっかり合わせることが重要になってくる。

【続きを読む】

  • 八木裕氏
  • 西コースの4番は2打目以降の攻め方が難しい
  • 手作りハンバーグステーキ