2019.2.9 05:01

プロデビューのすず夏が予選通過!75で通算1アンダーの53位/米女子

プロデビューのすず夏が予選通過!75で通算1アンダーの53位/米女子

プロデビュー戦で予選を通過した山口。さらに上を目指す (大会広報提供)

プロデビュー戦で予選を通過した山口。さらに上を目指す (大会広報提供)【拡大】

 ISPSハンダ・ヴィック・オープン第2日(8日、オーストラリア・サーティーンスビーチリンクスのビーチC=パー72、クリークC=パー73)男女同時開催で、男女とも2ツアー共催の大会。昨年12月にプロ転向した東京・共立女二高3年の山口すず夏(18)=環境ステーション=が1イーグル、2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの75とスコアを落としたが、通算1アンダーの53位で予選を通過した。男子は池田勇太(33)=フリー=が通算7アンダーの33位で予選通過。石川遼(27)=CASIO=は予選落ちした。

 前日のバーディーラッシュから一転、山口は風に苦しめられ出入りの激しいゴルフとなった。それでも、プロ初戦でなんとか予選通過した。

 「今日は小さいミスから崩れてしまったので悔しいけど、最後は持ち直して良かった」

 インスタートの12番(パー3)で1打目をバンカーに入れると、バンカーのアゴに2度当てて脱出に失敗しダブルボギー。それでも18番(パー5)で2オンからピン奧10メートルのイーグルパットを沈めるなど踏ん張った。

 「明日もまたカット(予選落ち)があるので、気を抜かないでしっかりスコアを伸ばせるようにしたい」

 2015年に日本選手最年少の当時14歳で海外メジャー「全米女子オープン」に出場した大物ルーキー。決勝ラウンドで巻き返しを図る。

通算11アンダーで2位に浮上した野村敏京「昨日と同じくパッティングが良かった。ショットも大きなミスもなく、スムーズなゴルフだった」

72と伸ばしきれず140位で予選落ちした石川遼「グリーンも2日間通して読めていなかった。最後までわからない感じだった」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2日、通算11アンダーで2位に浮上した野村(大会提供)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. プロデビューのすず夏が予選通過!75で通算1アンダーの53位/米女子