2019.1.29 05:02(2/2ページ)

“ショットの松山”の真骨頂!パーオン率94・44%、1年半ぶりトップ3/米男子

“ショットの松山”の真骨頂!パーオン率94・44%、1年半ぶりトップ3/米男子

特集:
松山英樹
最終ラウンド、通算16アンダーで3位に入った松山英樹(共同)

最終ラウンド、通算16アンダーで3位に入った松山英樹(共同)【拡大】

 後半さらに2つ伸ばし、最終18番パー5が最大の見せ場になった。右のフェアウエーバンカーから2打目。グリーン左手前の池越え残り227ヤードをユーティリティーで振り抜き、高い弾道でピン上5メートルに2オンするスーパーショット。頬を膨らませて満足げに息を吐くと、同時にギャラリーから拍手と大歓声。攻めのプレーが実ってバーディーで締めた。

 昨年の12位を上回る大会自己最高の3位に「このコースでここまでうまくプレーできたのは初めて」と胸を張り、「アイアンショットの調子が戻ってきて、それを武器にしている」と穏やかな表情で手応えを口にした。

 次戦は16、17年と連覇した好相性の「フェニックス・オープン」(31日開幕、米アリゾナ州)。「ティーショットとパッティングが良ければチャンスはある。楽しみになった」。弾みをつけて2季ぶりの米ツアー6勝目を狙う。

データBOX

 ◎…3位に入った松山は、米ツアー年間ポイントレースの「フェデックスカップポイントランキング」で前週の114位から41位に急浮上。73人抜きで全選手中最大のランクアップとなった。

リーダーボードへツアー日程へ

  • アイアンショットが好調で今季最高の3位に入った松山。表情にも自信がみなぎる(共同)
  • 松山英樹・米ツアー3位以内
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. “ショットの松山”の真骨頂!パーオン率94・44%、1年半ぶりトップ3/米男子