2019.1.21 05:02(1/2ページ)

藤本、6季ぶりV逃すも2位で全英切符ゲット/国内男子

藤本、6季ぶりV逃すも2位で全英切符ゲット/国内男子

最終日、18番でバーディーを決め、声援に応える藤本佳則(共同)

最終日、18番でバーディーを決め、声援に応える藤本佳則(共同)【拡大】

 SMBCシンガポールオープン最終日(20日、シンガポール・セントーサGCセラポンC=7403ヤード、パー71)アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦。最終ラウンドが行われ、首位から出た藤本佳則(29)=国際スポーツ振興協会=は4バーディー、1ボギーの68で回り、通算16アンダーで2打差の2位だった。4人に与えられる7月の「全英オープン」の出場権を獲得した。65で回った23歳のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が、通算18アンダーで日本ツアー初優勝した。

 じりじりと焼けるように日が差し、強い風が波を荒立てる。過酷な環境の中でも、藤本は最後まで攻め続けた。

 「4日間いいゴルフができたが、勝ちたいのが本心。悔しさはある」

 パットが決まらず前半は我慢。9番(パー4)ではピン右3メートルのバーディーチャンスを逃した。それでも、12番(パー4)から2連続バーディーで1打差まで迫り、見せ場は作った。

【続きを読む】

  • 最終日、通算16アンダーで2位だった藤本佳則=セントーサGC(共同)
  • 最終日、ホールアウトし、優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド(左)と握手を交わす2位だった藤本佳則=セントーサGC(共同)
  • 最終日、通算18アンダーで優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド=セントーサGC(共同)
  • 最終日、通算18アンダーで日本ツアー初優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド=セントーサGC(共同)
  • 最終日、通算6アンダーで12位の比嘉一貴=セントーサGC(共同)
  • 最終日、15番グリーンでピンを差したままパットを放つ比嘉一貴=セントーサGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 藤本、6季ぶりV逃すも2位で全英切符ゲット/国内男子