2019.1.20 17:11

首位から出た藤本は2位に終わる ジェーンワタナノンドが優勝/国内男子

首位から出た藤本は2位に終わる ジェーンワタナノンドが優勝/国内男子

最終日、通算18アンダーで優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド=セントーサGC(共同)

最終日、通算18アンダーで優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド=セントーサGC(共同)【拡大】

 SMBCシンガポール・オープン最終日(20日、シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)アジアツアーと共同開催の開幕戦。65で回った23歳のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)が通算18アンダー、266で日本ツアー初優勝した。賞金1935万3600円を獲得。

 首位から出た藤本佳則は68で、ポール・ケーシー(英国)と並び2打差の2位だった。昨年優勝のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は通算8アンダーで7位、比嘉一貴、川村昌弘は6アンダーで12位となった。

 日本ツアーの次戦は4月18日開幕の東建ホームメイト・カップ(三重県)となる。(出場72選手=アマ2、晴れ、気温30・0度、北の風4・2メートル)(共同)

比嘉一貴(16位から70で回って12位)長いクラブほどぶれてしまった。ピンチばかりだった。体力を上げたい」

和田章太郎(9位スタートで75と崩れ38位)朝から調子が上がらなかった。最後に崩れてしまったことは悔しい。経験を生かしたい」

石川遼(決勝ラウンドで73、75と崩れ)アイアンが一番の反省点。初日からずっと良くなかった。次の試合につなげていきたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終日、ホールアウトし、優勝したジャズ・ジェーンワタナノンド(左)と握手を交わす2位だった藤本佳則=セントーサGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 首位から出た藤本は2位に終わる ジェーンワタナノンドが優勝/国内男子