2019.1.19 13:33

石川遼、首位と1打差で決勝ラウンドへ/国内男子

石川遼、首位と1打差で決勝ラウンドへ/国内男子

特集:
石川遼
第3日、6番でバンカーショットを放つ石川遼=セントーサGC(共同)

第3日、6番でバンカーショットを放つ石川遼=セントーサGC(共同)【拡大】

 SMBCシンガポール・オープン第3日(19日・シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)日没サスペンデッドになった第2ラウンドの残りホールが行われた。

 石川遼(27)=CASIO=は、前日9ホールを終え10番(パー4)からスタート。14番(パー3)で7メートルのバーディーパットを決めるなど3つスコアを伸ばし、通算7アンダーで予選を通過した。首位と1打差の2位につけたが、「運もよかった。これから長丁場で体力がキーになる」と石川。切り替えて午後のラウンドに備える。

 首位は通算8アンダーの藤本佳則(29)=国際スポーツ振興協会。

  • 第3日、5番でティーショットを放つ藤本佳則=セントーサGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 石川遼、首位と1打差で決勝ラウンドへ/国内男子