2019.1.19 05:02(1/2ページ)

佐藤、新ルール味方に3位!ピンフラッグ抜かずに10メートル/国内男子

佐藤、新ルール味方に3位!ピンフラッグ抜かずに10メートル/国内男子

第2日、3番でティーショットを放つ佐藤大平=セントーサGC(共同)

第2日、3番でティーショットを放つ佐藤大平=セントーサGC(共同)【拡大】

 SMBCシンガポール・オープン第2日(18日、シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦。前日から順延された第1ラウンド(R)の残りと第2Rを行ったが、荒天のため2日連続でサスペンデッド。昨季下部ツアー賞金王の佐藤大平(25)=クリヤマ=が首位から出た第2Rを71で回り、通算6アンダーで暫定首位と1打差につけた。昨季レギュラーツアー賞金王の今平周吾(26)=フリー=は発熱で途中棄権した。

 もう一人の“賞金王”、佐藤が初のシンガポールで躍進だ。

 「よく耐えた。まだ望みはつながった。後半よかったので、終わりよければ全てよし」

 第1Rではドライバーが好調で、レギュラーツアー初の首位。第2Rでは4番(パー5)で池に入れてダブルボギーとしたが、後半で3バーディーを奪い盛り返した。

【続きを読む】

  • 第2日、2番でティーショットを放つ佐藤大平=セントーサGC(共同)
  • 第2日、9番で第3打を放つ和田章太郎=セントーサGC(共同)
  • 第2日、1番でティーショットを放つ片岡大育=セントーサGC(共同)
  • 第2日、12番で第2打を放つ藤本佳則=セントーサGC(共同)
  • 第2日、2番でティーショットを放つ池田勇太=セントーサGC(共同)
  • 第2日、2番でティーショットを放つ石川遼=セントーサGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 佐藤、新ルール味方に3位!ピンフラッグ抜かずに10メートル/国内男子