2019.1.18 22:13

今平周吾、発熱で棄権「朝から熱っぽくて身体がだるかった」/国内男子

今平周吾、発熱で棄権「朝から熱っぽくて身体がだるかった」/国内男子

 アジアツアーと共催の日本ツアー開幕戦、SMBCシンガポール・オープンが18日、シンガポールのセントーサGC(7403ヤード、パー71)で前日から順延された第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われたが、荒天でこの日もサスペンデッドとなった。第1Rの12番(パー4)から競技を再開した今平周吾(26)=フリー=は、17番(パー3)終了時点で発熱のため棄権した。

 「朝から熱っぽくて身体がだるかった」

 米ハワイ州で現地時間13日まで行われた米男子ツアー「ソニーオープン・イン・ハワイ」から連戦。前夜時点では問題なかったというが、疲労から体調を崩してしまったようだ。

 次戦は2月21日開幕の世界選手権シリーズ「WGCメキシコ選手権」(メキシコ)の予定。同8日からグアムで2週間調整して臨むといい、「体調管理も仕事の一つ。この経験を生かしたい」と連戦の厳しさをかみしめていた。

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 今平周吾、発熱で棄権「朝から熱っぽくて身体がだるかった」/国内男子