2019.1.14 17:05

今平、目標のトップ10に届かず「ドライバーが駄目」/米男子

今平、目標のトップ10に届かず「ドライバーが駄目」/米男子

最終ラウンド、11番でティーショットを放つ今平周吾。通算8アンダーで33位=ワイアラエCC(共同)

最終ラウンド、11番でティーショットを放つ今平周吾。通算8アンダーで33位=ワイアラエCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのソニー・オープンは13日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、日本ツアー賞金王の今平周吾は6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算8アンダーの272で33位だった。松山英樹は2バーディー、5ボギーの73と振るわず6アンダーで51位。

 今平は目標としていたトップ10には大きく届かなかった。「ドライバーが駄目だった」とフェアウエーを捉えたのは半分だけ。10番から出た前半はボギーを打ってはバーディーで取り返す出入りの激しい内容。後半は3番(パー4)で第2打を池に入れて痛恨のダブルボギーをたたいた。「米ツアーでやるにはまだ力が足らない」と自らに厳しかった。

 今大会前、メジャー初戦のマスターズ・トーナメントに特別招待選手として初出場することが発表された。今平は4月までに自力で世界ランキング50位以内を目指すといい「ドライバーもアイアンも、もっとショットの精度を上げて、次は4日間頑張りたい」と意欲を見せた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 今平、目標のトップ10に届かず「ドライバーが駄目」/米男子