2019.1.13 05:02

18番イーグル!今平、『67』で好位置キープ7位/米男子

18番イーグル!今平、『67』で好位置キープ7位/米男子

7位の好位置で決勝ラウンドに進んだ今平。日本の賞金王として意地を示す (共同)

7位の好位置で決勝ラウンドに進んだ今平。日本の賞金王として意地を示す (共同)【拡大】

 ソニーオープン・イン・ハワイ第2日(12日、米ハワイ州ホノルル・ワイアラエCC=7044ヤード、パー70)4位から出た昨季日本ツアー賞金王の今平周吾(26)=フリー=は1イーグル、2バーディー、1ボギーの67で回り、通算8アンダーで首位に6打差の7位につけた。松山英樹(26)=LEXUS=も67で、通算4アンダーの35位。連日の63をマークしたマット・クーチャー(40)=米国=が通算14アンダーで首位に立った。

 今平はパー5の18番で右ラフから残り236ヤードの2打目を4番アイアンでグリーンエッジにうまく運び、約6メートルの上りラインをしっかり沈めてイーグル。「気持ち良かった」と笑みがこぼれた。同組の米国選手から「身長は低いのに、ショットがうまい」と絶賛された昨季賞金王は「4日間で結果を出せないと意味がない」と、貪欲に米ツアー初優勝に挑む。

35位で予選通過の松山英樹「アイアンショットがうまくいかない中で、3つ伸ばせたのは良かった。長いパットも入ってくれた」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第2ラウンド、9番で第3打を放つ今平周吾。通算8アンダーで7位=ワイアラエCC(共同)
  • 第2ラウンド、5番でティーショットを放つ今平周吾=ワイアラエCC(共同)
  • 第2ラウンド、8番でラインを読む松山英樹。通算4アンダーで35位=ワイアラエCC(共同)
  • 第2ラウンド、13番でティーショットを放つ松山英樹=ワイアラエCC(共同)
  • 第2ラウンド、9番でバーディーを決める松山英樹。通算4アンダーで35位=ワイアラエCC(共同)
  • 第2ラウンド、10番でパットを放つ金谷拓実=ワイアラエCC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 18番イーグル!今平、『67』で好位置キープ7位/米男子