2019.1.11 20:47

【一問一答】LPGA・小林浩美会長「テレビはそのままでネットは私たちのテリトリー」/国内女子

【一問一答】

LPGA・小林浩美会長「テレビはそのままでネットは私たちのテリトリー」/国内女子

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長(56)が11日、東京都内で共同通信のインタビューに応じ、昨年12月に開催中止と発表された3大会について、今シーズンの開催に向けて主催社のテレビ局と交渉を再開したことを明らかにした。

 一問一答は次の通り。

 --開幕までに合意の可能性は。

 「高い。今の時点ではいけそうな感じがある」

 --昨年の交渉が難航した原因は。

 「放送権の考え方の違い。施設管理権の一部と出場選手の肖像権の二つを合わせたもので成り立つと明確化したが、その理念は嫌と(主張する主催社がいる)。そこを認めてもらうことが大事」

 --目指している放送権の一括管理は。

 「(放送権そのものの)考え方は36大会の主催社と合意できた。権利のLPGA帰属については一部がまだだよと。2年間、考えましょうとなった」

 --ツアーはテレビ局が育ててきた経緯がある。

 「長い歴史的な経緯がある。経緯を鑑みて、急に全部ではなくて、段階を踏んだ」

 --権利が全て帰属していなくてもネット配信の権利を売れるのか。

 「テレビはそのままで、ネットは私たちのテリトリーと窓口分けをした。売れる環境は整った。将来のゴルフ界のためにやっておかないと」

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 【一問一答】LPGA・小林浩美会長「テレビはそのままでネットは私たちのテリトリー」/国内女子