2019.1.3 05:02

金谷拓実、ゴルフアマでランキング世界一!2019年さらなる飛躍へ“所信表明”

金谷拓実、ゴルフアマでランキング世界一!2019年さらなる飛躍へ“所信表明”

「マスターズ」挑戦が控える金谷。飛躍を遂げる年にする (撮影・川並温美)

「マスターズ」挑戦が控える金谷。飛躍を遂げる年にする (撮影・川並温美)【拡大】

 男子ゴルフの国内トップアマチュア、金谷拓実(20)=東北福祉大2年=がサンケイスポーツの取材に応じ、今季の目標について「世界アマチュアランキング1位」とぶち上げた。今年4月の海外メジャー「マスターズ」に、日本のアマチュアとしては大学の先輩、松山英樹(26)=LEXUS=以来となる出場を果たす。2019年のゴルフ界を金谷色に染める。

 昨年10月に「アジア・パシフィック・アマチュア選手権」を制して、「マスターズ」と7月の「全英オープン」の切符を手に入れた。金谷が今年はアジアから世界へと、さらに飛躍する。

 「マスターズは通過点。もっと上、もっと先のことを考えながら、しっかりやるべきことをやっていくことが大事」

 20歳の大学2年生に“おとそ気分”はない。今年の目標を聞くと、「世界アマチュアランキングで1位になること」ときっぱり。現時点では同ランク8位。日本勢で同ランク1位となれば、やはり2012年8月の松山以来で2人目となる。「ショートゲームがうまく、憧れている」と参考にしている米国のジョーダン・スピース(25)も、世界アマ1位となったことがある。

 10日開幕の「ソニーオープン・イン・ハワイ」(米ハワイ、ワイアラエCC)で初めて米レギュラーツアーに挑戦。「マスターズに向けて収穫を得られれば。自分らしく自分のベストを尽くしたい」。大舞台に向け、新年から弾みをつける。 (川並温美)

金谷 拓実(かなや・たくみ)

 1998(平成10)年5月23日生まれ、20歳。広島県出身。5歳でゴルフを始める。広島国際学院高校2年の2015年に「日本アマチュア選手権」を17歳51日の史上最年少で制覇。17年の「日本オープン」でアマチュア史上初の2位に入った。1Wの平均飛距離は280ヤード。得意クラブはパター。目標とする人は田中将大(大リーグ・ヤンキース)。170センチ、66キロ。

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 金谷拓実、ゴルフアマでランキング世界一!2019年さらなる飛躍へ“所信表明”