2019.1.1 04:02(1/2ページ)

松山、17年5位から28位「めっちゃ落ちた…すごくショック」/世界ランク

松山、17年5位から28位「めっちゃ落ちた…すごくショック」/世界ランク

特集:
松山英樹
昨年11月、「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場した際の松山。やや苦しんだ昨季からの“V字回復”を目指す

昨年11月、「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場した際の松山。やや苦しんだ昨季からの“V字回復”を目指す【拡大】

 日本の男子ゴルフを引っ張ってきた松山英樹(26)=LEXUS=は2018年、壁に当たった。昨年9月に終了した本格参戦5季目の米ツアーでは、トップ3に一度も入れなかった。17年は最高2位まで浮上し、同年最終週時点で5位だった世界ランキングは28位(12月30日付)まで後退。再び世界の頂点に挑むため、19年は必勝を期す。

 昨年は序盤につまずいた。松山は3連覇が懸かった同2月の「フェニックス・オープン」で、左手痛を発症し途中棄権。その後は約1カ月半戦線を離脱し、最終的に米ツアーでは15年以来の勝利なしに終わった。

 「優勝争いが一度もないので、もどかしい1年だった。けがの影響は(直接は)なかった。痛みもその後は出なかったけど、1カ月間ゴルフをできなかったという心のダメージの方が大きかったかもしれない」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. 松山、17年5位から28位「めっちゃ落ちた…すごくショック」/世界ランク