2018.12.21 05:02

LPGA小林会長、改めて謝罪…放送権問題「説明が十分ではなかった」

LPGA小林会長、改めて謝罪…放送権問題「説明が十分ではなかった」

5期目が内定したLPGAの小林会長。“放送権騒動”には改めて陳謝 (撮影・清野邦彦)

5期目が内定したLPGAの小林会長。“放送権騒動”には改めて陳謝 (撮影・清野邦彦)【拡大】

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は20日、東京・銀座ブロッサムで任期満了に伴う役員改選を行い、選出された理事7人による互選で小林浩美会長(55)の5選が内定した。理事は来年3月18日の総会で正式に承認される。任期は2年。

 LPGAが大会主催者に放送権の一括管理を求めた影響で来季の試合が2つ減ったことについて、小林会長は「守秘性が高く、話をする機会がつくれず、説明が十分ではなかったのは事実。会員には申し訳ないと思っている」と改めて謝罪した。

 選手からは説明不足の協会に対して不信や懸念の声も挙がるなど波紋が広がっている。「どうしてこういう方向に進むのか、何のためにこうするのか、選手たちに理解されるよう努力したい」と訴えた。5期目が内定したことについて「選手の権利を守り、LPGAの価値向上を目指す」と会長としての抱負を示した。

有村「裏切られた」 女子ゴルフ『放送権問題』で3試合減…協会に不信感

ホリエモン、女子ゴルフ放送権問題は「テレビ局の古いビジネスモデルに…」

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. LPGA小林会長、改めて謝罪…放送権問題「説明が十分ではなかった」