2018.11.20 05:03(1/2ページ)

奈紗、9位締めで賞金ランク5位!岡本綾子、宮里藍以来の日本勢トップ5/米女子

奈紗、9位締めで賞金ランク5位!岡本綾子、宮里藍以来の日本勢トップ5/米女子

特集:
畑岡奈紗
宮里藍
最終18番でバーディーを奪い、ガッツポーズの畑岡 (共同)

最終18番でバーディーを奪い、ガッツポーズの畑岡 (共同)【拡大】

 米女子ゴルフ・CMEツアー選手権最終日(18日、米フロリダ州ネープルズ、ティブロンGC=6556ヤード、パー72)畑岡奈紗(19)=森ビル=は6バーディー、2ボギーの68と伸ばし、通算10アンダーの9位で今季最終戦を終えた。本格参戦2年目の今季は2勝を挙げ、賞金ランキングは5位。昨季の同140位から大きな躍進を遂げた。既に賞金女王を決めていたアリヤ・ジュタヌガーン(22)=タイ=は5位で、ポイントで争う年間女王の座も獲得。大会はレキシー・トンプソン(23)=米国=が通算18アンダーで制した。

 最終18番(パー4)で3メートルのバーディーパットを沈めた畑岡は、力強いガッツポーズを作った。

 「いいシーズンの締めくくりができた。すごく大きい」

 前半は伸ばした直後にボギーをたたく、出入りの激しい内容。それでも「気持ちは落ち着いていた」。16番(パー3)で15メートルのロングパットを決め、大歓声を浴びた。18番は「これを決めるとトップ10に入れる」と気持ちを引き締め、狙い通りに転がした。

 米ツアーに本格参戦した昨季、出場19試合のうち12試合は決勝までたどり着けなかった。今季は一転、トップ10入り11度は全体4位の多さ。賞金ランキングも昨季140位から5位へ急伸した。日本選手で同ランク5位以内に入ったのは、2012年に5位だった宮里藍以来だ。

 今年4月から母・博美さんが米国に帯同し、私生活からサポート。友人も増え、「去年はあいさつ程度だったが、今年はタイや韓国の選手と食事にも出かけた」と異国の環境に適応した。

【続きを読む】

  • 16番でバーディーパットを決める畑岡奈紗。通算10アンダーで9位=ティブロンGC(共同)
  • 16番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える畑岡奈紗。通算10アンダーで9位=ティブロンGC(共同)
  • 9番でティーショットを放つ畑岡奈紗。通算10アンダーで9位=ティブロンGC(共同)
  • 11番でティーショットを放つ横峯さくら。通算5オーバーで58位=ティブロンGC(共同)
  • 17番でティーショットを放つ上原彩子。通算6オーバーで61位=ティブロンGC(共同)
  • トロフィーの前で記念写真に納まるアリヤ・ジュタヌガーン=ティブロンGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米女子
  4. 奈紗、9位締めで賞金ランク5位!岡本綾子、宮里藍以来の日本勢トップ5/米女子