2018.11.18 14:53

勝、念願のプロ初優勝!アン・ソンジュが4年ぶり賞金女王/国内女子

勝、念願のプロ初優勝!アン・ソンジュが4年ぶり賞金女王/国内女子

優勝カップを持つ勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)

優勝カップを持つ勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)【拡大】

 大王製紙エリエールレディス最終日(18日、愛媛・エリエールGC松山=6525ヤード、パー72)首位から出た20歳の勝みなみが、ボギーなしの7バーディーの65で回って逃げ切り、通算20アンダー、268で2017年のプロ転向後初のツアー優勝を果たした。14年4月に15歳のアマチュアとしてツアー史上最年少勝利を飾って以来の通算2勝目。賞金1800万円を獲得した。

 4打差の2位は松田鈴英。アマチュアの上野菜々子(東海大大阪仰星高)は73と落として有村智恵らと並ぶ12アンダーの7位だった。優勝が逆転賞金女王への最低条件だった申ジエ(韓国)は4位に終わり、27位だったアン・ソンジュ(韓国)の4年ぶり4度目の賞金女王が決まった。(出場57選手=アマ1、晴れ、気温18・7度、西南西の風1・1メートル、観衆4882人)

勝みなみの話「ずっと目標にしていたので本当にうれしい。(決勝ラウンドの)2日間いいゴルフができて自信になるし、次にもつながる。あと1試合あるのでしっかり切り替えて頑張りたい」

アン・ソンジュの話「すごくうれしいという気持ちもあるが、ほっとしている。4年前より自分のゴルフが成長したなと思う。最終戦は気楽にいいゴルフがしたい」

松田鈴英(首位に並んでスタートするも69と伸び悩んで2位)「しょうがない。自分ができることはできたかなと思う。優勝できないのは課題があるということ」

有村智恵(73とスコアを落として7位)「ショットは本当に良かった。(課題は)パットですね。もっと練習して、優勝争いでもしっかり打っていきたい」

申ジエ(逆転での賞金女王はならず)「最後までベストを尽くしたので悔いはない。最後の試合でいいプレーをしたい」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 佐光大会会長(左)から賞金ボードを受け取る勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 18H、優勝し、同期から祝福を受ける勝みなみ(手前から2人目)=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 9H、バーディーパットを決め、胸をなで下ろす勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 18H、ウイニングパットを決め、笑顔の勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 万歳をする優勝した勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • スタンドのギャラリーに一礼する勝みなみ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 賞金女王となり、主催者よりフルーツカービングが贈られたアン・ソンジュ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 10H、スタート前にストレッチをするイ・ボミ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 笑顔のイ・ボミ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 10H、1打目を打つイ・ボミ=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 18H、ホールアウトするキム・ハヌル=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  • 18H、ホールアウトするキム・ハヌル(左)=愛媛・エリエールGC松山(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 勝、念願のプロ初優勝!アン・ソンジュが4年ぶり賞金女王/国内女子