2018.11.11 05:01

鈴木亨、PO制し今季2勝目!1ホール目で決着/国内シニア

鈴木亨、PO制し今季2勝目!1ホール目で決着/国内シニア

 エリートグリップ・シニアオープン最終日(10日、兵庫・鳴尾GC=6454ヤード、パー70)首位に1打差の2位から出た鈴木亨(52)=ミズノ=が6バーディー、2ボギーの66で回り、通算7アンダーで並んだ田村尚之(54)=ダイクレ=とのプレーオフを1ホール目で制して優勝。今季2勝目を挙げた。単独首位から出た伊沢利光(50)=フリー=は通算2アンダーの5位だった。

 18番(パー4)でのプレーオフ1ホール目。ボギーとした田村に対し、鈴木が40センチのパーパットを冷静に決めて満面の笑み。2戦前の「福岡シニアオープン」に続くプレーオフ2戦2勝で、「今回は相手の動きを見ながら優勝争いをしたなという感じの中で勝てた」と喜んだ。今季2勝はいずれも2日間大会。3日間大会の残り2戦について「(最終戦の)指宿はレギュラーツアー時代も勝っている」と、3勝目へ意欲をみなぎらせた。

プレーオフで敗れた田村尚之「自分としてはいいゴルフはできた。春先は脇腹が痛くて大変だったが、だんだん良くなってきた。あと2戦、もうちょっと頑張りたい」

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 鈴木亨、PO制し今季2勝目!1ホール目で決着/国内シニア