2018.11.9 15:44

松山、通算2オーバーで暫定43位に後退/国内男子

松山、通算2オーバーで暫定43位に後退/国内男子

特集:
松山英樹
9H、バーディーパットを外した松山英樹=静岡・太平洋クラブ御殿場(撮影・高橋朋彦)

9H、バーディーパットを外した松山英樹=静岡・太平洋クラブ御殿場(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(9日・静岡・太平洋クラブ御殿場コース=7262ヤード、パー70)悪天候によるコースコンディション不良ため午後2時30分にサスペンデッドとなった。首位に5打差の17位から出た今季日本ツアー初参戦の松山英樹(26)=LEXUS=は前半を終えて1バーディー、4ボギーと3つスコアを落とし、通算2オーバーで暫定43位に後退。単独首位から出て12ホールを終えた秋吉翔太(28)=ホームテック=と、10ホールを終えた朴相賢(35)=韓国=が通算7アンダーの暫定首位で並んでいる。73位から出た石川遼(27)=CASIO=は10ホールを終えて通算6オーバーの暫定67位。

ツアー日程へ

  • アプローチショットを放つ松山英樹=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • 3H、バーディーパットを決めた松山英樹=静岡・太平洋クラブ御殿場(撮影・高橋朋彦)
  • 3H、ティーショットを放つ松山英樹=静岡・太平洋クラブ御殿場(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 松山、通算2オーバーで暫定43位に後退/国内男子