2018.11.9 05:03(1/2ページ)

松山、自らの“罠”にはまった…監修の新コースで5打差17位発進/国内男子

松山、自らの“罠”にはまった…監修の新コースで5打差17位発進/国内男子

特集:
松山英樹
秋晴れのもと、霊峰・富士に向かってティーショットを放つ松山(撮影・高橋朋彦)

秋晴れのもと、霊峰・富士に向かってティーショットを放つ松山(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 三井住友VISA太平洋マスターズ第1日(8日、静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)約1年ぶりの日本ツアーとなる松山英樹(26)=LEXUS=は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの1アンダー69で回り、17位発進となった。今季2勝の秋吉翔太(28)=ホームテック=が6アンダー64をマークして単独首位。賞金ランキング1位の今平周吾(26)=フリー=は68で9位。石川遼(27)=CASIO=は75で73位と出遅れた。

 秋晴れの中、雪化粧の雄大な富士山が姿を見せた御殿場C。昨年より1454人多い3509人のギャラリーの注目を一身に集めた松山は、自らが監修を務めたコースのわなにはまった。

 「(改修で)パー5がパー4になったところ(11番と6番)がボギーとダボなのでもったいなかった。それ以前に、自分の状態が悪いのでこういうスコアになる」

 インから出て11番で1Wでの第1打を左の林に曲げた。木の根元から目の前の林の間を難なく抜くショットで大ギャラリーを沸かせたが、3オン2パットでボギーを先行させた。

【続きを読む】

  • 6番では“池ポチャ”。松山は自ら監修のコースで苦闘した
  • バンカーショットを放つ松山英樹=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  • 笑顔の松山英樹(中央)。左は金谷拓実(アマ)、右は宮里優作=太平洋C御殿場C(撮影・高橋朋彦)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 松山、自らの“罠”にはまった…監修の新コースで5打差17位発進/国内男子