2018.10.19 19:01

ベテラン佐々木がホールインワン「その後ボギー打つところが私らしい」/国内女子

ベテラン佐々木がホールインワン「その後ボギー打つところが私らしい」/国内女子

11H、13位タイで終了した佐々木慶子=マスターズGC(撮影・中島信生)

11H、13位タイで終了した佐々木慶子=マスターズGC(撮影・中島信生)【拡大】

 マスターズGCレディース第2日(19日、兵庫・マスターズGC=6528ヤード、パー72)7位から出たツアー未勝利の東浩子がボギーなし、6バーディーの66をマークし、通算10アンダー、134で単独首位に浮上した。1打差の2位に初日首位で賞金ランキング1位のアン・ソンジュ(韓国)と原英莉花が並んだ。

 41歳のベテラン、佐々木がホールインワンを達成した。パー3の17番(183ヤード)で4番ユーティリティーを使い、ピン手前5~6メートルに落としてカップイン。「感触は良くて、いいところに落ちたけど、入ったところは見えなかった」と驚きまじりに喜んだ。

 この日は1イーグル、1バーディー、2ボギーの71で回り、通算5アンダーの13位。「ホールインワンは良かったが、その後ボギーを打つところが私らしい」と苦笑いした。

リーダーボードへツアー日程へ

  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. ベテラン佐々木がホールインワン「その後ボギー打つところが私らしい」/国内女子