2018.9.26 05:03(1/3ページ)

岩井明愛、トップ通過!ツインズ姉妹の姉が妹に続き決勝大会へ/サンスポ女子アマ

岩井明愛、トップ通過!ツインズ姉妹の姉が妹に続き決勝大会へ/サンスポ女子アマ

上位通過を果たした前列左から松崎、岩井、勝見、後列左から佐藤、大塚、井上 (撮影・戸加里真司)

上位通過を果たした前列左から松崎、岩井、勝見、後列左から佐藤、大塚、井上 (撮影・戸加里真司)【拡大】

 第35回全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権東日本予選(25日、長野・軽井沢72ゴルフ東・入山コース=6262ヤード、パー72)岩井明愛(あきえ、16)=埼玉栄高1年=が3バーディー、1ボギーの2アンダー70をマークし、単独トップで予選通過した。1打差の2位に松崎麻矢(21)=法大4年、勝見梓(16)=群馬・関東学園大附属高2年=の2人。上位49位までの50選手が決勝大会(11月13-14日、静岡カントリー浜岡コース&ホテル〈小笠C〉)に進出した。

 降りしきる雨の中、岩井の表情は晴れ渡った。2アンダー70で回り単独首位。ツアー出場歴もある貫禄を示した。

 「うれしいです! 朝から2連続バーディーで、いい流れでできました」

 スタートホールの1番(パー4)で7メートルを沈めてバーディー発進。続く2番(パー5)でもピンそば3メートルを沈めて、勢いに乗った。「ドライバーがよかった」とショットが安定。中学時代には陸上部に所属し、下半身を鍛錬。スイングに乱れはなかった。

 8歳から父・雄士さん(45)の影響で、双子の妹・千怜(ちさと、16)とともにクラブを握った。現在は放課後に、2人で同じ練習場に通う日々を送る。意外にも普段はゴルフに関する会話は皆無で、「友達みたい」な存在。それでも“ライバル”として、しのぎを削ってきた。

 今年6月には、2人でレギュラーツアー「ヨネックスレディス」に主催者推薦枠で出場した。妹は予選を通過したものの、姉は2打及ばず予選落ち。そこまで不調な時期も続き「今までの成績が上位にいっていなかった。中途半端だった」と一大決心し、髪を30センチカット。人生初というショートカットに挑戦した。

【続きを読む】

  • 1位で予選通過した岩井。双子の妹と本戦で“直接対決”だ(撮影・戸加里真司)
  • 表彰式でポーズをとる1位の岩井明愛(埼玉栄高)=軽井沢72ゴルフ東・入山C(撮影・戸加里真司)
  • ティーショットを放つ2位タイの勝見梓(関東学園大学附属高)=軽井沢72ゴルフ東・入山C(撮影・戸加里真司)
  • 表彰式でポーズをとる予選上位通過者。(前列左から)2位タイの松崎麻矢(法政大)、1位の岩井明愛(埼玉栄高)、2位タイの勝見梓(関東学園大学附属高)。(後列左から)佐藤有仁加(開志国際高)、大塚真由(須坂東高)、井上渚(日本体育大学在原高)=軽井沢72ゴルフ東・入山C(撮影・戸加里真司)
  • 岩井明愛・千怜姉妹の比較
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 岩井明愛、トップ通過!ツインズ姉妹の姉が妹に続き決勝大会へ/サンスポ女子アマ