2018.9.12 05:00(1/2ページ)

【シニアプロが教える上達のツボ】米山剛の傾斜地からのショット(前編)

【シニアプロが教える上達のツボ】

米山剛の傾斜地からのショット(前編)

特集:
シニアプロが教える上達のツボ
米山のアドレスはグリーン左端に足を向けて構える

米山のアドレスはグリーン左端に足を向けて構える【拡大】

 シニアツアーの「セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン」が14日から2日間、佐賀・福岡セヴンヒルズGCで開催される。ツアーを主管する日本プロゴルフ協会(PGA)の協力によるレッスンの第11弾は、昨季賞金ランキング2位の米山剛(53)=ヨネックス=が傾斜地からのショットを2回に分けて伝授する。 (取材構成・稲垣博昭、取材協力・裾野CC)

 ゴルフ場は山あり谷あり、起伏に富んだ地形です。傾斜地からうまく打てるかどうかが、スコアをまとめる条件の一つです。

 2回にわたり傾斜地からの打ち方を教えます。まず、アマチュアゴルファーが最も苦手にしていると思われる「左足下がり、つま先下がり」。ミスが出やすいライからの攻略法です。

 静岡・裾野CCの9番は打ち下ろしのロングホール。第2打は2オンを狙わずに第3打勝負。第2打をフェアウエーに打ちたいところです。ここでの注意点は3つです。

【続きを読む】

  • 目線が上を向く
  • 目線を下に向ける
  • ボール位置は2個分、右足寄りにセットする
  • 右足を飛球線方向に出す&ボールは2個分、右足寄りにセット
  • 右足を飛球線方向に出す
  • 右足を飛球線方向に出す
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内その他
  4. 【シニアプロが教える上達のツボ】米山剛の傾斜地からのショット(前編)