2018.9.11 09:57

T・ウッズ、今季6度目トップ10 5年ぶりの最終戦進出「誇りに思う」/米男子

T・ウッズ、今季6度目トップ10 5年ぶりの最終戦進出「誇りに思う」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
最終ラウンド、9番でティーショットを放つタイガー・ウッズ。通算17アンダーで6位=アロニミンクGC(共同)

最終ラウンド、9番でティーショットを放つタイガー・ウッズ。通算17アンダーで6位=アロニミンクGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は10日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、65で回ったタイガー・ウッズ(米国)は17アンダーの6位だった。

 首位との5打差を追ったウッズは、パットがさえた前半に4バーディーでリーダーボードを駆け上がり、冷たい雨にもかかわらず集まったギャラリーを喜ばせた。しかし10番をボギーとするなど後半は失速。14番で6メートルのパーパットを外すと天を仰いだ。

 逆転はならなかったが65と伸ばし、今季6度目のトップ10となる6位。ポイント20位で、5年ぶりの最終戦進出を決めた。「後半のプレーは残念だが、ツアー復帰した年に最終戦に出られることは大きな成果。誇りに思う」と胸を張った。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、16番でバーディーを決め、ギャラリーの声援に応えるタイガー・ウッズ。通算17アンダーで6位=アロニミンクGC(共同)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. T・ウッズ、今季6度目トップ10 5年ぶりの最終戦進出「誇りに思う」/米男子