2018.9.10 05:03

9差圧勝!申ジエ、大会新16アンダーでメジャー3冠/国内女子

9差圧勝!申ジエ、大会新16アンダーでメジャー3冠/国内女子

圧倒的な強さで優勝した申ジエ。日本で初の賞金女王も視野に入ってきた (撮影・中島信生)

圧倒的な強さで優勝した申ジエ。日本で初の賞金女王も視野に入ってきた (撮影・中島信生)【拡大】

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(9日、富山・小杉CC=6605ヤード、パー72)申ジエ(30)=韓国=が大会レコードの通算16アンダーで2位に9打差をつけて完全優勝を果たした。日本ツアー通算20勝目で、史上10人目のメジャー3冠を達成。浜田茉優(23)=ココパリゾートクラブ=と大出瑞月(20)=フリー=が通算5アンダーの4位で、日本勢トップだった。

 30センチのウイニングパットを入れると、両手を高く突き上げた。2位に9打差をつける圧勝。申ジエが日本のメジャー大会3冠を達成した。

 「タイトルを取りたい気持ちが強かった。本当にうれしい」

 風速9メートルの強風と大雨で多くの選手がスコアを落とす中、元世界ランキング1位の力を見せつけた。1番(パー4)で残り145ヤードからの第2打を7Iで50センチにつけるなど、出だしから2連続バーディー。この日ベストの68をマークし、通算16アンダーで大会最多アンダーパーを更新した。

 「最近いいプレーが多くなった。最後に賞金女王になりたい」

 2週連続優勝で賞金ランキングのトップに立ち、韓・米に続き初の日本ツアー賞金女王に前進。27日開幕の「日本女子オープン」(千葉CC野田C)で史上初のメジャー4冠“生涯グランドスラム”に挑戦する。 (白石大地)

データBOX

 ◎…申ジエの通算16アンダーは、2007年大会の飯島茜の通算14アンダーを塗り替える大会最多アンダーパー記録。2位に9打差での優勝は1974年大会の11打差、73年大会の10打差(ともに樋口久子が優勝)に次ぐ大会3番目の大差。完全優勝は08年大会の辛●(=火へんに玄)周以来。

申 ジエ(Jiyai Shin)

 1988年4月28日生まれ、30歳。韓国全羅道出身。11歳からゴルフを始める。18歳でプロ転向し、2006年から韓国ツアーに本格参戦。同年から3年連続で賞金女王。08年「全英リコー女子オープン」でメジャー初優勝。09年に米ツアーで賞金女王に輝き、10年には世界ランキング1位になった。日本ツアーは08年「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で初優勝。米ツアー通算10勝、日本ツアー通算20勝。1メートル55、63キロ。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 優勝した申ジエ=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 女子ゴルフ・賞金ランク上位(9日現在)
  • 優勝を決めた申ジエ=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 単独6位で終了した小祝さくら=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 20位タイで終了した大山志保=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 26位タイで終了した有村智恵=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 2位タイで終了したジョン・ジェウン=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 7位タイで終了した菊地絵理香=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 4位タイで終了した浜田茉優=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 36位タイで終了した岩橋里衣=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 4位タイで終了した大出瑞月=小杉CC(撮影・中島信生)
  • 26位タイで終了した鈴木愛=小杉CC(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 9差圧勝!申ジエ、大会新16アンダーでメジャー3冠/国内女子