2018.9.8 05:03(1/2ページ)

タイガー劇場ド派手に開幕!ウッズ、62で5年ぶり首位発進/米男子

タイガー劇場ド派手に開幕!ウッズ、62で5年ぶり首位発進/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
5年ぶりの首位発進を決めたウッズ。復活優勝する日は近い? (AP)

5年ぶりの首位発進を決めたウッズ。復活優勝する日は近い? (AP)【拡大】

 BMW選手権第1日(6日、米ペンシルベニア州ニュータウンスクエア・アロニミンクGC=7267ヤード、パー70)ツアー通算79勝のタイガー・ウッズ(42)=米国=が1イーグル、7バーディー、1ボギーの8アンダー62で回り、ロリー・マキロイ(29)=英国=と並び5年ぶりの首位発進を決めた。開幕前日のプロアマ戦を体調不良で途中棄権した松山英樹(26)=LEXUS=は5バーディー、1ボギーの4アンダー66で回り、トップに4打差の12位で滑り出した。

 好プレーを連発したウッズが2013年の世界選手権シリーズ「キャデラック選手権」以来、5年ぶりとなる首位発進を決めた。

 「今季最高のスタートが切れた」

 自画自賛のプレーだった。10番(パー4)から出て、いきなり6メートルのバーディーパットを沈めて“タイガー劇場”が幕を開けた。

 16番(パー5)では残り241ヤードを3Iで放った第2打がピンそば1・5メートルにつくスーパーショットでイーグル奪取。前半は第1日の自己ベストに並ぶ29(6アンダー)をマークした。後半7番(パー4)でもスピンコントロールされた第2打をピンそば20センチにピタリ。ギャラリーが大歓声をあげた。

【続きを読む】

  • 第1ラウンド、4番でティーショットを放つ松山英樹。4アンダーで12位=アロニミンクGC(共同)
  • 第1ラウンド、4番でラインを読む松山英樹。4アンダーで12位=アロニミンクGC(共同)
  • 第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹。4アンダーで12位=アロニミンクGC(共同)
  • ウッズ・今季米ツアー全成績
  • 松山英樹とウッズの成績
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 米男子
  4. タイガー劇場ド派手に開幕!ウッズ、62で5年ぶり首位発進/米男子