2018.9.8 18:35

有村智恵、OB後に盛り返す「最低限のプレーはできた」/国内女子

有村智恵、OB後に盛り返す「最低限のプレーはできた」/国内女子

特集:
有村智恵
3位タイで終了した有村智恵。大雨の中バーディーパットを沈める=小杉CC(撮影・中島信生)

3位タイで終了した有村智恵。大雨の中バーディーパットを沈める=小杉CC(撮影・中島信生)【拡大】

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第3日(8日、富山・小杉CC=6605ヤード、パー72)2週連続優勝を狙う申ジエ(韓国)が5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回って通算12アンダーの204で初日からの首位を守った。

 2012年大会覇者の有村が二つスコアを伸ばし、11位から3位に浮上した。ティーショットをOBとした14番のダブルボギーを引きずらずに15、16番で連続バーディーを奪ってスコアを戻した。「最低限のプレーはできた。しっかり盛り返せた」とうなずいた。

 逆転優勝には厳しい位置だが、ツアー最高額の大会だけに1打の差で大きく獲得賞金は変わる。「目の前のことに集中して一打一打やるしかない。一つでも上に行きたい」と気合を入れた。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 3位タイで終了した有村智恵。ナイスパーセーブでホールアウト=小杉CC(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内女子
  4. 有村智恵、OB後に盛り返す「最低限のプレーはできた」/国内女子