2018.9.7 05:02(1/2ページ)

木下、涙の8強!初シード「確」 準々決勝は池田と“ユウタ対決”/国内男子

木下、涙の8強!初シード「確」 準々決勝は池田と“ユウタ対決”/国内男子

13番で勝利を決めた木下は緊張感から解放され、顔をくしゃくしゃにした(撮影・福島範和)

13番で勝利を決めた木下は緊張感から解放され、顔をくしゃくしゃにした(撮影・福島範和)【拡大】

 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第4日(6日、埼玉県鳩山CC=7115ヤード、パー72)国内男子ツアー唯一のマッチプレー方式の大会。4回戦が行われ、初シードを目指す木下裕太(32)=フリー=が6アンド5でH・W・リュー(36)=韓国=を下した。7日の準々決勝で、ジュニア時代に同じゴルフ場で練習に励んだ1学年上の元賞金王、池田勇太(32)=フリー=と対戦する。今平周吾(25)=フリー=らも8強入り。深堀圭一郎(49)=フォーラムエンジニアリング=は敗退した。

 プロ12年目、ツアー未勝利の木下が4回戦を突破。初の賞金シードが見え、思わず目に涙をにじませた。

 「シードを考えないでやるのが一番大変だった。変な欲が出ると相手がいつ来るかわからないので、終わりまで安心できなかった」

 昨年2位のH・W・リューを相手に12番まで5アップ。「メンタルが弱いので勝手に自分がミスをして食われてしまう」と、気を張って13番(パー5)のチップインイーグルで決着させた。

【続きを読む】

  • 6Hティーショットを放つ木下裕太=鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
  • 6Hティーショットを放つ池田勇太=鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
  • 6Hティーショットを放つ今平周吾=鳩山カントリークラブ(撮影・福島範和)
  • 第4日、ギャラリーの声援に応える池田勇太。3アンド2でブラッド・ケネディを破る=鳩山CC
  • ハンダマッチプレーでホールインワンを達成した星野
  • 第4日、ギャラリーの声援に応える正岡竜二。5アンド4で沖野克文を破る=鳩山CC
  1. サンスポ
  2. ゴルフ
  3. 国内男子
  4. 木下、涙の8強!初シード「確」 準々決勝は池田と“ユウタ対決”/国内男子